24時間待機?訪問看護の働き方って?

2020年2月15日訪問看護師の仕事内容

こんちーは。訪問看護師の働き方シリーズです。

24時間待機って?

24時間待機は通称オンコール体制といわれます。訪問看護ステーションの多くでは24時間待機制度をとっております。24時間待機というのは、ご自宅(が基本)に待機頂き電話を取れる状況にしておく、状況により出動する状況にしておくという事です。

もちろん毎日ではなく、当番は決まっておりそれはオンコールが出来る人数により変わってきます。

例えば30日でオンコール対応が出来る看護師が3名の場合は、1名辺り10日となります。同様にオンコール対応が出来る看護師が5名の場合は、1名辺り6日となるのが基本です。

少ない方が負担は少ないですが、手当は支給されますので給与は高くなります。

また訪問看護ステーションにとって貢献度が高いので昇給や賞与でも反映されやすい傾向にあります。

オンコールの内容は?

オンコールは必ず電話がなるわけではいですい、必ず出動するわけではございません。利用者さんのご家族が急変やどう対応していいかわからないなどの場合に連絡がはいります。その上で出動しなければならないという必要があれば、訪問致します。

頻度に関しては、医療依存度の高い人が多ければ多いほど回数は多い傾向にあります。

まとめ

訪問看護ステーションによりオンコールの頻度は様々です。確認した上でオンコールの出来る看護師を増やそうとしているかなどもお聞きしておくとよいでしょう。

訪問看護師の働き方について気になる訪問看護師さん・看護師さんご相談ください。

~~~~

訪問看護師さん・訪問看護未経験者さん・パート希望・ブランクの方など

就職・転職に関する無料相談を受け付けております。

お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
その他

Posted by sakadume