訪問看護師の退職交渉について

2020年2月12日その他の転職についての話

現職でありながら転職活動をしている方も多くおります。一度辞めてからではないといけないのかとお考えになる看護師さんもおりますが、決してそんな事はございません。現職を続けながら、休みの日に転職活動をしても全く問題ございません。

その場合には二つパターンがあります。まずは退職日が決まっている状態での転職活動です。例えば、現在7月で8月末に退職が決まっており9月1日入職を目指して転職活動をするというパターンです。もう一つは退職日が未定のまま、転職活動をするというパターンです。この場合には、どれくらいで退職できるかという目安は把握してお伝えしておかなければなりません。

「どれくらいで退職できますか?」という問いに「それはまだ話していない事なのでわかりません。」ですと面接官も困ってしまいますので「まだ話はしていないですが、規定では2ヵ月前となっておりますので内定を頂けた際にはそれからおおよそ2ヵ月後にはご入職出来ると思います。他の看護師さんもだいたいそのような期間で退職は出来ています。」とお答する方がイメージがついてよいでしょう。

また訪問看護師の場合には、担当しているご利用者さんの引継がございます。その引継期間に1~2ヵ月がかかるというのは妥当であり退職を早くしてまで転職先が執拗に転職を迫るのもどうかとは思います。

退職に辺り、ご利用者さんをそのまま転職先へ持っていこうとお考えになる看護師もおりますが基本的にはそのままステーションの別の看護師に引き継いだ方が良いです。どうしても引き継げない場合には、管理者・社長・転職先の管理者・転職先の社長にしっかりと相談してからの対応にいたしましょう

お問合せ先

訪問看護師さん・訪問看護未経験者さん・パート希望・ブランクの方など

就職・転職に関する無料相談を受け付けております。

お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
その他

Posted by sakadume