訪問看護師の離職率って低いてホント?!

2020年2月14日訪問看護ステーションの求人の探し方

こんちーは。

訪問看護師は辞めにくい?

訪問看護師は離職率が低いという事はないですが、訪問看護ステーションにより大きく差があります。訪問看護を希望されない方は、仕事内容など懸念理由がはっきりしておりますので入職後のギャップは少ないです。

例えば「一人で訪問する責任が重い」「人の家に入るのが嫌だ」「オンコールが嫌だ」「移動が大変」など訪問看護をするのに切り離せない理由となっております。ですので、上記の様な理由をクリア出来た人が訪問看護師として働くので仕事でのギャップは少ないと考えられます。

病院の場合は、「残業が予想以上に多い」や「希望の病棟に配属されなかった。」などの理由も退職理由にあり訪問看護の性質とは違うものがあります。

訪問看護ステーションにより差が激しい

仕事内容では、大きく差がありませんが訪問看護ステーションにより「色」は違います。大きくかかわるのは「社長」「管理者」の考えによるものです。

「社長」が経営重視で看護師をどんどん訪問させてお金を稼いでくれば良いという考えで退職しても構わないと考えている訪問看護ステーションもございます。看護師であれば誰でも良いのです。そのような訪問看護ステーションは、離職率も高くなります。

「管理者」は現場のトップであり、管理者が退職した場合に訪問看護ステーションが運営出来ない位依存しているケースもございます。

その場合には、社長も管理者には物言い出来ずに管理者の独断となっており看護師が働きづらくなっているケースもございます。

まとめ

訪問看護ステーションの離職率はステーションにより差が激しいので、しっかりと社長・管理者と確認致しましょう。

訪問看護の離職などきになる看護師さんご相談ください。

~~~~

訪問看護師さん・訪問看護未経験者さん・パート希望・ブランクの方など

就職・転職に関する無料相談を受け付けております。

お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
その他

Posted by sakadume