看護師長の転職は訪問看護管理者もありとは?

2020年2月15日訪問看護管理者

こんちーは。看護師長など管理職向けの記事です。

看護師長の募集求人は多い?

看護師長でもご転職をお考えになりご相談頂くケースが増えております。

看護師長までなられた方がどうして転職をお考えになるのかというと

・ペーパーワークが多くなり、もっと現場よりに仕事したい

・看護部長と考えがあわない

・経営者と近くなり数字ばかり求められやりがいがない

などのケースがございます。

看護師長は内部登用ばかりかというと決してそんな事はなく、看護師長を外部から採用するケースもございますので求人が決してないわけではありません。

外部から採用したいその理由は、

・内部登用で適当な人材がいない

・外部からの風をいれたい

・違う病院の良い所を取り入れたい

などという理由からです。

ですので、求人募集が全くないかというとそんなことはございませんが、基本的には内部登用の方が現場の事を良く知っており、また現場スタッフとの関係性もあり任せられるという事もあり求人数自体は少なくなります。

また外部からの採用の場合には一緒に仕事をしたことない人と働くので信頼関係もございますので、看護師長候補からや主任からスタートをお願いされるケースもございます。

訪問看護ステーションの管理者をお勧めする理由

看護師長から訪問看護管理者(署長)をオススメする理由は大きく3点あります。

①管理職として勤められる

一度管理職で勤務するとマネージメントの楽しさも出てくる看護師長の方もおります。訪問看護ステーションでは管理者がいなければ運営出来ませんので、管理者(管理職)として勤められる可能性が高くなります。

また拡大を続ける訪問看護ステーションでは、管理者を積極的に募集しているケースも多くございます。

②現場も出来る

訪問看護ステーションの管理者の場合には、多くは訪問看護師としても活躍する事が出来ます。臨床に携わる事で看護師としてのスキルも落とさず、また看護師としてのやりがいも感じられるでしょう。

③時代にそくしている

「病院⇒地域」という施策による訪問看護ステーションの拡大は続いております。今後もしばらくはこの流れは続くでしょう。病院の管理職より3年後、5年後を見た時には良い待遇を手に入れているかもしれません。

まとめ

看護師長で転職をお考えの方は、今後の国の流れも考え訪問看護ステーションの管理者、管理者候補などでの転職活動も視野に入れると良いと思います。

看護師長で転職をお考えの方ご相談ください。

~~~~

訪問看護師さん・訪問看護未経験者さん・パート希望・ブランクの方など

就職・転職に関する無料相談を受け付けております。

お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
その他

Posted by sakadume