リアルガチ!20代療養病棟看護師から訪問看護師への転職物語!!

2020年5月1日リアルガチ!転職物語!!

リアルガチ!20代療養病棟看護師から訪問看護師への転職物語!!

こんちーは。

今回は転職物語シリーズ。20代若手の看護師さんの転職物語です。

転職活動まで

今回は仮名N看護師さんとしておきます。

彼女はあるグループ系病院の看護専門学校を卒業し、そのまま同じグループ系病院への就職をしておりました。

就職に辺り、生活の介助をしていきたいお考えであり高齢者が好きでぜひ今後も高齢者の生活の介助を中心とした看護がしていきたいとお考えでした。

もちろん在宅は視野に入れていたものの「療養病院の看護部長から療養は高齢者の生活介助そのもの。まずはウチで経験を積むのが良いと思うわよ。」と言われそのままグループ病院の療養型病院へのと入職致しました。

色々な事がございましたが(笑)3年目の夏休み辺りから

「丸3年を迎えると御礼奉公も終わるので転職も良いかな」と漠然と考えるようになりました。さらに彼氏の家の近くに住みたいという考えも出てきたタイミングでご相談を頂きました。

この3年間の振り返りと今後どのようなキャリアを考えるかなどお話させて頂き、新卒の時から視野に入れていた訪問看護師へのキャリアチェンジをすることを決めました。

それには彼との生活を考え日勤のみ(オンコールはあります)の勤務という事も魅力の一つではありました。

訪問看護ステーションへの転職活動

訪問看護を希望するにあたり渋谷駅から遠くない場所での勤務を考えておられました。

1つのステーションだけでは不合格となる事もあり、さらには初めての転職活動ですので納得感のある転職活動をして頂くために2箇所選考へ進むこととなりました。

最近の訪問看護ステーションでは一次ではなく、二次面接まで行う訪問看護ステーションや性格分析などを行う訪問看護ステーションも増えておりますので病院・クリニックよりも選考期間が長くなる事が想定されますので早めに選考に移る事をオススメ致しました。

初めての転職活動という事で、面接は非常に緊張したものでありましたがポイントはしっかりとお伝えする事が出来面接での現場の評価も非常に良く内定を頂く事ができました。

こちらの看護師さんが最終的にこちらの訪問看護ステーションでお世話になりたいと考えたのは、母体は大手の事業会社ですが訪問看護ステーション辞退は組織ばってなく明るい雰囲気で仕事をしている所を魅力に感じたとのお話を頂きました。

また同年代の訪問看護師も在籍していおり、それもポイントの1個となったようです。

20代の方は初めての転職の方も多いと思います。

「訪問看護とは何?」や「訪問看護ステーションが多くなっている理由」・「民間会社(株式会社)が参入している理由」などもお話させて頂きます。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

~~~~

訪問看護師さん・訪問看護未経験者さん・パート希望・ブランクの方など

就職・転職に関する無料相談を受け付けております。

お電話の場合には

【ナスフォ 酒詰 (さかづめ)| 090-4724-9104】

お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
その他

Posted by sakadume