面接で採用されたい!訪問看護師に必要なこと!!

2020年5月1日面接などの対策について

面接で採用されたい!訪問看護師に必要なこと

こんちーは。

「訪問看護ステーションでも人気の所」や「紹介会社にご紹介してもらい行きたいと思った訪問看護ステーション」で採用して貰う為の対策です。

何が必要?

看護師不足が顕著な訪問看護ステーションでも誰でも良いというわけではございません。そのためには何が必要でしょうか。

まずは礼節はかなり重んじられます。会社の名前で一人で訪問するので、いい加減な方は会社の名前を汚す事になりますので採用されません。

よく看護師さんより「ノックは三回ですか?」や「右足から入るのですか?」というご質問を頂く事もございますが、そこまで気にしている事業所様はほとんどおりません。というより、そのようなマニュアルを完璧に覚えている人はいないと思います。

プラスアルファを準備する

看護師さんから「履歴書は準備しといた方がいいですか?職務経歴書はいらないですか?」とご質問を頂く事がございます。

面接官が知りたいのは、「あなたがどのような人で、ウチで何が出来るか」という事です。看護師として、どのような技術があるのかという事をしりたいのです。

ですので、「履歴書と言われたので履歴書だけ持ってきました。」より「職務経歴書も持ってきました」の方が面接官からすると気が利く人だという印象を与えられます。職務経歴書の準備が大変な際には、履歴書の横に病棟名(内科病棟、外科病棟)なども記載しておくほうが良いでしょう。

まとめ

訪問看護師では家族とのかかわりも深くなりますので、礼節や気が利くという事が重要となります。ご家族から安心してこの看護師さんに任せられるという信頼が必要なのです。その信頼される人材であるという事を面接でお伝えする事が訪問看護師として必要な事です。

訪問看護師に必要な事を知って選考に臨みたい訪問看護師、看護師さん訪問看護ステーションへ転職をお考えの方はご相談ください。

~~~~

訪問看護師さん・訪問看護未経験者さん・パート希望・ブランクの方など

就職・転職に関する無料相談を受け付けております。

お電話の場合には

【ナスフォ 酒詰 (さかづめ)| 090-4724-9104】

お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
その他

Posted by sakadume