リアルガチ!30代看護師の訪問看護師への転職物語!!

2020年5月1日リアルガチ!転職物語!!

リアルガチ!30代看護師の訪問看護師への転職物語!!

こんちーは。

今回は30代看護師の転職物語です。

転職活動まで

仮名Gさんとしておきます。

彼女は地方ご出身の方で、東京都内で勉強したく東京でも有数の大学病院でのキャリアを積んでおりました。一定期間研鑽され、地域の病院へと転職をいたしましたがそちらの病院の管理職のあり方に驚愕されたとのことでした。

元々大学病院へ来る前にも、二次救急の病院では主任を経験されており今回の病院でのも主任職での採用となりましたが。

以前の病院の管理職の方と違い、「典型的な手柄は自分責任は部下」という風潮があり看護部長からの圧力もすごくとても看護師として働き続けるのは困難だと考えておりました。しかしながら短期での転職に抵抗があり迷われておりました。それと同時に次の転職先では、私はみんなから慕われる良い管理職になる事を決意致しました。

訪問看護ステーションの転職活動

そんな中訪問看護ステーションに決めたのは、ご自身が地方にお住まいの際にアルバイトで経験しており非常にやりがいを感じたとのことでした。

現在訪問看護ステーションは急激に増えており、管理者としての採用枠も増えてきております。

管理者としての資質・能力を評価してくださる訪問看護ステーションの面接に行きご自身の今の体験と今後の想いをお話頂きました。

面接官の訪問看護ステーションの社長は感銘され、

「サポートはしますので、ぜひウチでその思いを実現してください。」というお話になり採用となりました。

訪問看護管理者は看護師のマネージメントの割合が多い職場です。

簡単ではないですが、管理者として非常にやりがいはあると思います。さらに事業会社運営の訪問看護ステーションの場合、スタートアップで入職して拡大していけば年収もかなりの額を提示いただけると思います。

訪問看護管理者ご希望の方、お困りの際はお気軽にご相談ください。

~~~~

訪問看護師さん・訪問看護未経験者さん・パート希望・ブランクの方など

就職・転職に関する無料相談を受け付けております。

お電話の場合には

【ナスフォ 酒詰 (さかづめ)| 090-4724-9104】

お名前必須
電話番号必須
メールアドレス必須
その他

Posted by sakadume